はちみつの選び方―本物のはちみつとは?

お客様や友人との会話でよく聞かれる、「スーパーでハチミツを購入しようと思ったら、種類が多いし、値段の差がバラバラでどれを選んだらいいのか分からない」という質問にお答えしようと思います。

そもそも、ミツバチ達は花から採ってきた花蜜の水分を体内外のやりとりで蒸発させて凝縮し、十分な濃度になるまで熟成させたうえで蜜蓋をし、巣房に蓄えます。

そういったものだけを採蜜したものは「純粋(=ピュア)はちみつ」の「生はちみつ」「非加熱はちみつ」といいます。

「純粋はちみつ」の中でも、「非加熱のはちみつ」と「加熱されたはちみつ」に分けられ、熟成を待たずに採取されたはちみつは、水分量が多く、市場にはこれに熱を加えて水分を蒸発させ、濃度を高めているものが多く出回っているのが「加熱されたはちみつ」です。

どんなはちみつがいいの?と言われれば、健康・美容を意識して栄養成分たっぷりのはちみつが良ければ「非加熱(=生)ハチミツ」を加熱せずにそのまま使ってもらうのをオススメしますが、熟成されるまで、じっくり待って採蜜されたものは希少で単価が高くなります。

煮物や焼き菓子に使うなら、よく出回っている「加熱された純粋はちみつ」でもいいかもしれませんね。

用途に合わせて購入されてはいかがでしょうか。とはいえ、「純粋はちみつ」以外にもトウモロコシなどのでんぷんが混ざった「加糖はちみつ」など、はちみつとは言い難いものも多く出回っているので、気を付けてくださいね。

養蜂家の本音としては、一度は「非加熱はちみつ」ならではの風味や香りを楽しんでいただきたいです(^^)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる